クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

12/15講演会「果てしなき入管収容からの解放を求めて- 国際的人権の視点より -」川口メディアセブン

f:id:kurd-m-san:20191108031401j:plain

チラシ表面です。写真の提供は講演会の講師でもあるノンフィクションライターの中島由佳利さんです。

f:id:kurd-m-san:20191108031458j:plain

チラシ裏面です。講師の紹介が掲載されています。

高解像度版(10MB) https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/pqAE4yT6y9zTqpT
低解像度版(2MB) https://pilot.jca.apc.org/nextcloud/index.php/s/Gdk5AJXkgpRyxyd

f:id:kurd-m-san:20191029023652j:plain

講演会「果てしなき入管収容からの解放を求めて- 国際的人権の視点より -」仮チラシ

 

講演会「果てしなき入管収容からの解放を求めて- 国際的人権の視点より -」

日時:2019年12月15日(日)
   14:00~17:30  開場13:30

   参加無料・予約制
会場:川口メディアセブンプレゼンテーションスタジオ

           (埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ7階)

アクセス:JR 京浜東北線 川口駅(東口)徒歩1分

共催:クルドを知る会・日本クルド文化協会・クルド人難民Mさんを支援する会

   事前予約制 お申し込みフォーム
    https://bit.ly/2ooCCma
   メール申込先 mail@sawarabisha.com  ※@を半角に変えて下さい。

   電話 050-3588-6458(さわらび舎・温井) 折り返しお電話します
   ※空席があれば当日参加も可能です 

【第一部】
「人権とは何か -世界から見た日本の状況- 」
藤田早苗さん (英国エセックス大学ヒューマンライツセンターフェロー )

名古屋大学大学院修了後、エセックス大学にて国際人権法学修士号、法学博士号取得。エセックス大学で研究・教育に従事する傍ら、19年間にわたり国連人権機関の活動にも関わってきた。秘密保護法案や共謀罪法案を英訳して国連に情報提供し、デビッド・ケイ国連特別報告者による日本の表現の自由に関する調査の実現に尽力。世界の「癒しの風景」を切り撮る写真家としての顔ももつ。

【第二部】
トルコ・クルド人居住地域取材報告
「トルコにおけるクルド人への抑圧とは -国なき民族の今-」
中島 由佳利さん (ノンフィクションライター)

クルドを知る会」活動メンバー。 特定非営利活動法人東京ひととなり支援協会理事。 1990年代より、トルコのクルド人、在日クルド人、入管難民問題などの取材を続けるとともに、「傾聴と対話」による聴き書き(個人史、コミュニティ史等)に取り組んでいる。主な著作:『新月の夜が明けるとき― 北クルディスタンの人びと』(新泉社、2003年)、『クルド人を知るための55章』共著(明石書店 2019年)他


【第三部】
「長期収容とハンガーストライキ、そして再収容 恣意的拘禁の問題点 」
大橋 毅さん (弁護士・クルド難民弁護団

20年以上にわたりクルド人の弁護活動を続ける。東京弁護士会所属。
クルド難民弁護団事務局長。弁護団は1997年に発足し、トルコ国籍
クルド人難民申請者らの法的援助を行っている。


在日クルド難民アピール 仮放免での生活の困難と収容の不安


※会場内にて藤田早苗さんの「ミニ写真展 「癒しの風景」を開催

 

講演会「果てしなき入管収容からの解放を求めて- 国際的人権の視点より -」について

 2019年6月、長崎の大村入管で死亡したナイジェリア人男性「サニーさん」。その死因についての調査報告が10月初めに法務省入管庁から公表されました。死因は「飢餓死」。3年7ヶ月の長期にわたって収容されていたサニーさんは、入管収容所からの解放を求めてハンガーストライキを行っており、食事や医療行為を自ら拒否していました。
 死亡というあってはならない事態が起きたにもかかわらず、入管庁としては「対応に問題はなかった」という驚くべき見解を示しました。更に法相や入管庁長官は「長期収容は送還によって解決 する」という姿勢を取っており、収容されている人々が切実に求める仮放免による解放とはほど遠いものとなっています。
 ハンガーストライキなどによって、極度に体調を崩した被収容者については仮放免が許可される場合があるものの、その期間はわずか2週間と非常に短いものとなっており、ほとんどが2週間後に再び収容され、元の収容所に戻されるという異常な事態すらも発生しています。
 痛ましい死亡事故を省みることなく頑なに収容と送還に固執していては、やがて新たな犠牲者を生んでしまうことは想像に難くありません。

 ラグビーW杯や東京五輪外国人労働者の受け入れなど、多くの外国人を迎える一方で、在留資格を持たない人々については人権侵害とも言えるような排除が行われています。収容されている人々の多くは、迫害を逃れて日本に保護を求めた難民や、日本人と結婚している人、長年日本に暮らしている人など、帰国できない事情を抱えた人ばかりです。
 日本の現在の法律では、在留資格を持たない外国人を無期限に収容することが可能となってい ます。しかし法律的には問題がなくとも、人権的には許されることではありません。

 人権とはどのようなものなのか。講演会では長年にわたり国連人権機関の活動に関わっている藤田早苗さんを講師にお迎えし、お話しを伺います。
 また、ノンフィクションライターの中島由佳利さんからは、今年9月に行われたトルコ・クルド人居住地域への取材報告を頂き、国を持たない民族クルド人の今を最新の情報とともにお話しいただきます。
 クルド難民弁護団の大橋毅弁護士からは、極めて深刻な状況となっている入管の長期収容の実態をお話しいただき、その問題点を解説して頂きます。
 日本に暮らすクルド人の方もお招きし、入管収容の過酷さや、仮放免生活の困難や、収容の不安などについてお話し頂きます。

 年末のお忙しい時期と思いますが、入管収容所で今も苦しんでいる人々の解放に向けて、市民として意思表示をしていければと思います。
 多くの方々のご参加をお待ちしております。

【声明】収容・送還専門部会を初めからやり直し、議論の間は被収容者を解放してください!

収容・送還専門部会を初めからやり直し、議論の間は被収容者を解放してください!

 

                   法務大臣 殿

                   出入国管理政策懇談会委員 各位

                   収容・送還に関する専門部会委員 各位

 

 入管収容施設での長期・無期限の収容と、その間の不当な扱いの問題が、日に日に明らかになっています。

 法務大臣は、2019年10月に「私的諮問機関 収容・送還に関する専門部会」に解決策を諮問しました。

 ところが、そもそも部会の発足の際に法務省がHPで公表し、部会委員に配布した「送還忌避者の実態について」は、銃刀法違反の有罪判決しか受けていない人を、「警察官殺人未遂事件」と題して、殺人未遂・公務執行妨害・銃刀法違反の有罪判決を受けたかのような、事実と異なる記載をして、被仮放免者の印象を不当に悪くしていたことが衆議院法務委員会の質疑で明らかになりました。「送還忌避者の実態について」は、現時点(2019年12月10日)で法務省HPで閲覧できません。

 しかし、このことが専門部会委員にどのように説明されているのか、同資料が専門部会の資料からも撤回されたのか、発表はありません。

 そもそも、長期・無期限収容とその間の処遇について、法務省入管庁に原因・責任がないかのように、法務省入管庁が作成した資料を出発点にして部会が発足したこと自体、不公正なのです。

 専門部会の議論を初めからやり直し、日弁連や人権団体の資料を最初から部会委員に配布して議論を初めてください。

 そして、未だ議論がされている、何も法令が変わっていない今、仮放免を認めず収容を長期化する方針(注1)を一旦撤回して、長期被収容者を解放してください。この要求は、常識上当然のことと考えます。

 (注1)「平成30年2月28日法務省入国管理局長「被退去強制令書発付者に対する仮放免措置に係る適切な運用と動静監視強化の更なる徹底について(通達)」(法務省管警第43号)

                    2019年12月10日

                     クルド難民弁護団

                     クルドを知る会

                     クルド人難民Mさんを支援する会

                     牛久入管収容所問題を考える会 

 

          (連絡先 大橋毅法律事務所 豊島区東池袋1-17-3-1005)

11/30(土)川崎市平和館で映画「ラジオ・コバニ」上映会

11/30(土)は映画「ラジオ・コバニ」の上映会に参加するため、川崎市平和館へ。

f:id:kurd-m-san:20191130133008j:plain

川崎市平和館の入り口です



70人ほどの方が来場しており盛況でした。

 

f:id:kurd-m-san:20191130140209j:plain

70人ほどの方が来場され、盛況でした。フォトジャーナリストの古居みずえさんのお姿も。上映前に中東の情勢を解説して下さいました。

年配の方が多かったですが、大学生風の若い方も10人ほど見かけ、広がりを感じました。クルドを知る会の皆さんも川口や蕨から駆け付けて下さり、大変嬉しく思いました。

会場にはフォトジャーナリストの古居みずえさんも来場されており、
上映前にパレスチナなど中東の情勢について解説してくださいました。

司会の方から、この映画はシリアのクルド人の街の話であること、
会場にはトルコのクルド人の弾圧についての写真や絵画が展示してあることを
アナウンスして下さいました。大変ありがたく思いました。

「ラジオ・コバニ」は、チラシの爽やかなイメージとは裏腹に、かなり重い内容でした。ISによって破壊された街は空から見ると爆撃によって一面真っ白です。
惨殺されたコバニの住民、さらし首にされた若者や、兵士によってさらわれ売り飛ばされてしまった娘など、コバニで起きたことが生々しく語られます。

ISの残虐な行為を伝える一方で、死亡したISの兵士の遺体を掘り起こす作業や、
捉えたISの兵士の尋問の様子も収められており、ISはどこから、何を求めて
来たのかに迫っています。
貧しさのためにISに参加したと話し、家族に会いたいと涙ぐむISの男性兵士、
ISの中には女性兵士や、洗脳され自爆攻撃に利用される子ども兵士もいた、
と暗い表情で話すクルド人スナイパー。

鑑賞後は、何とも言えない悲しい気持ちになりますが、街を少しづつ復興させてゆく
人々の姿に希望を感じました。
エンドロールが流れた後は、参加者から大きな拍手が起こりました。

つい一ヶ月ほど前の、トルコ軍のシリア北部のクルド部隊への越境攻撃や、
それによるISの兵士たちの刑務所からの脱走などのニュースを思い出すと、
なんともやるせない気持ちになります。

参加者の皆さんの胸の中にも、様々な思いがこみ上げているようで、
「非平和展」の会場に展示されている写真を熱心にご覧になっていました。

 

f:id:kurd-m-san:20191130152211j:plain

上映後は企画展「非平和展」の写真や絵画を、皆さん熱心にご覧になっていました。

上映会後は、会場の一角をお借りして、クルドを知る会の皆さんと12/15の講演会の
打ち合わせをしました。
すると、クルド問題に関心があるという学生さんが近づいてきて話し掛けてきて
くれました。12/15の講演会にも参加して下さることになりました。
大変嬉しく有意義な上映会でした。

Mさん無事に仮放免の延長ができました

Mさん無事に仮放免の延長ができました。
いつものように入管職員から「いつトルコに帰るのか、どうやって生活しているのか、あなたは6回目の難民申請中だけど不認定になったらどうするのか」などを聞かれたそうです。

Mさんは「今日は若い職員が対応した。毎回違う職員が対応するので行く度に同じことを聞かれ、一から説明しないといけない。そういうのはやめてほしい」と疲れた様子で話していました。

難民申請者にとって、在留の可否の権限を持つ入管からこのような質問をされるのは、非常にストレスが溜まることなのです。
もちろんMさんは難民なのでトルコには帰れません。

次回の仮放免手続きは12月26日(木)です。

f:id:kurd-m-san:20171207120927j:plain

 

11/14院内集会「ハンスト飢餓死に終止符を! 入管の収容・送還問題の改善を求める院内集会」の参加レポートです

2019年11月14日(木)12:00~13:30、参議院議員会館101号室にて
「ハンスト飢餓死に終止符を! 入管の収容・送還問題の改善を求める院内集会」が開催されました。
支援会のメンバーが参加しましたので、ご報告させて頂きます。

f:id:kurd-m-san:20191115125547j:plain

11/14(木)参議院議員会館にて「ハンスト飢餓死に終止符を! 入管の収容・送還問題の改善を求める院内集会」が開催されました。

来場者は約100人でほぼ満席。国会議員も12人ほど参加していました。

f:id:kurd-m-san:20191115125655j:plain

立憲民主党 初鹿明博さん

f:id:kurd-m-san:20191115130942j:plain

立憲 石橋みちひろさん

立憲
初鹿明博 さん
石橋みちひろ さん
有田有田芳生 さん
打越さく良 さん
石川大我 さん
尾辻かな子さん

共産
藤野保史 さん
高良鉄美 さん

社民
福島みずほ さん

自民
逢沢一郎 さん

 

議員の方々の挨拶の後は、収容されている方のご家族からの訴えもありました。

f:id:kurd-m-san:20191115131017j:plain

2年以上収容されているクルド人フセインさんの奥さん(右)と、奥さんのお姉さん(左)。

2年以上収容されているクルド人フセインさんの奥さん(右)と、奥さんのお姉さん(左)。
一番印象に残ったのは、フセインさんの奥さんが「何も悪いことをしていないのにビザの問題だけで娘さんとフセインさん家族が2年以上ばらばらにされて辛い。一緒に当たり前の生活をすることが夢」という言葉です。とても心に響きました。

議員の方々は、この深刻な人権侵害、この問題はしっかりやらなくてはと皆さん、口々に仰っていました。共感して下さる議員の方々をぜひ応援したいと思いました。
メディアは毎日新聞朝日新聞などが来ていました。収容されている方々やご家族の苦しみをぜひ記事にして頂ければと思いました。

f:id:kurd-m-san:20191115131118j:plain

入管問題調査会の児玉晃一弁護士

 

f:id:kurd-m-san:20191115131149j:plain

移住連の鳥井一平さん

f:id:kurd-m-san:20191115131344j:plain

12/15の講演会のチラシを配布させていただきました。

 

12/15講演会用のバナーができました!

12/15の講演会のバナーができました!ぜひご活用ください!

f:id:kurd-m-san:20191111173634p:plain

12/15の講演会のバナーができました!ぜひご活用さい!

講演会「果てしなき入管収容からの解放を求めて- 国際的人権の視点より -」

日時:2019年12月15日(日)
   14:00~17:30  開場13:30

   参加無料・予約制
会場:川口メディアセブンプレゼンテーションスタジオ

(埼玉県川口市川口1-1-1 キュポ・ラ7階)

アクセス:JR 京浜東北線 川口駅(東口)徒歩1分

共催:クルドを知る会・日本クルド文化協会・クルド人難民Mさんを支援する会

   事前予約制 お申し込みフォーム
    https://bit.ly/2ooCCma

高校文化祭での難民写真展いよいよ本番

 11/10(日)、高校文化祭での難民写真展は、いよいよ今日が本番です。多くの方にご来場いただきました。

f:id:kurd-m-san:20191110171648j:plain

高校文化祭での難民写真展は大盛況でした

 

f:id:kurd-m-san:20191112174321j:plain

端から端まで、時間をかけてご覧いただきました。

f:id:kurd-m-san:20191112174432j:plain

学校のご近所の方のようでした。

 写真展の端から端までご覧になっている男性のグループがいらっしゃいました。
学校のご近所の町内会の皆さんのようです。お見掛け70~80代と見られる皆さんは、
メモを取ったりされながら、非常に熱心にご覧下さいました。
大変ありがたいと思いました。

f:id:kurd-m-san:20191110170955j:plain

小さな坊やに熱心に写真を説明して下さったお母さん。ありがとうございます!

f:id:kurd-m-san:20191110180435j:plain

トルコにおけるクルド人の弾圧について 写真提供レフィク・テキン(Refik Tekin)さん。レフィクさんの顔写真の提供は、写真家の高橋邦典さんです。

f:id:kurd-m-san:20191110180411j:plain

シリア難民についての展示。写真の提供はクリスチャン・ヴェルナーさんと共同通信の平野雄吾さんです。

 3才くらいの坊やを連れたお母さんがいらっしゃいました。坊やはレフィク・テキンさんが撮ったトルコ・ジズレの家屋が燃えている写真を指差しながら「燃えてる 。何で?」と、不思議そうに聞いていました。坊やのお母さんは、クリスチャン・ ヴェルナーさんのシリアの瓦礫の街に佇む子どもや、暖房用の薪を集める子どもの の写真を指差しながら、「このお兄ちゃんたちは、お家がないのよ!◯◯ちゃんは 、シンカリオン(新幹線のアニメ)のおもちゃ持っているでょ!このお兄ちゃんた ちは遊ぶためのおもちゃもないのよ!一緒にお友達と遊ぶこともできないのよ!分 かる?」とすごく熱心に坊やに話して下さいました。
何だか胸が熱くなりました。

f:id:kurd-m-san:20191110180353j:plain

シリア難民の少年が義手を付けてもらっている写真は、どなたも足を止めて見ていらっしゃいました。

 シリア難民の少年が義手を付けて貰っている写真は、非常にインパクトが強いようで、どの方もはっとした表情で、立ち止まってご覧になります。
共同通信の平野雄吾さんの作品です。少年の右腕には手首から先がないので、多く の方が驚かれます。写真をよく見ると少年は右腕全体が義手であることに気付きま す。キャプションを読むと、少年は11歳であり、シリア北西部のイドリブ県で、 空爆によって右手を失ったことが分かります。
テレビやネットで見聞きする空爆。その下では、どのようなことが起きているのかを知っていただければと思いました。

 

 「日本に逃れて来た難民の今」のコーナーには、日本の難民認定率の低さのほか 、長期収容やハンガーストライキ、再収容など、今まさに入管で起きている事件に ついて展示しました。

f:id:kurd-m-san:20191110182759j:plain

熱心に写真の説明を聞いてくださいました。



f:id:kurd-m-san:20191110171501j:plain

再収容、再々収容に苦しむ、クルド難民デニズさんとイラン人のサファリさんの写真と記事を展示しました。


 ご家族連れで来られた皆さんが、長い時間をかけてをご覧くださいました。フリージャーナリストの樫田秀樹さんの写真と記事です。
ご覧になった後に、アンケートも書いてくださいました。真摯な内容が胸を打ちました。本当にありがとうございます。

f:id:kurd-m-san:20191110170451j:plain

 会場の黒板には、先日NHKのETVで放送されて大反響となった「バリバイ一家の願
い~“クルド難民”家族の12年~」が上映されていました。こちらの番組は2019年6月度の放送批評懇談会のギャラクシー賞も受賞した優れたドキュメンタリーです。
ナレーションで繰り返し「牛久の収容施設で」という言葉が流れ、そこに入管の収
容施設があると説明されたので、会場に来ていた男性が「ああ、だから最近、牛久 、牛久、とよく聞くようになったのか!」と合点がいったように話していらっしゃ いました。すかさず「そうなんです!牛久には外国人の人たちを収容する施設があるんです!」と、入管の問題を説明しました。

f:id:kurd-m-san:20191110171551j:plain

熱心に展示をご覧になっている女の子。ありがとうございます。

f:id:kurd-m-san:20191110171610j:plain

日本の難民問題・入管収容問題についても展示しています。


 来場された方の中には、中国語で話しているご家族もいらっしゃいました。
 こちらの学校に勤務されている先生に伺ったところ、この高校はかつて中国からの引き揚げ者を受け入れたこともあったそうです。そのため、中国に限らず、多様なルーツを持つ生徒を受け入れる風土があるとのことでした。
 会場片隅には、様々な言語で書かれた「たのしいがっこう」というテキストが展示してありました。言語の種類は17種類もありました。
英語、中国語はもちろん、韓国語・朝鮮語ネパール語、アラビア・ミャンマー語、フィリピン語、シンハラ語ベトナム語モンゴル語タイ語、フランス・ラオス語、スペイン語ポルトガル語インドネシア語、ロシア語、ルーマニア語トルコ語
 この学校の先生方は様々な国からやってきた生徒さんたちと日々接し、言葉のハンデや文化の違いを乗り越えながら、授業や進路の指導をなさってきたのだなと感じました。
 非常にドラマチックなエピソードの数々を伺うことができました。せっかく就職先が決まりそうになったけれど、算数の計算など基礎的な学力がなかったので、就職が取り消されそうになった生徒さん。他校の先生とも協力して補習授業をし、技術を覚えてもらって無事に就職できたことや、その就職した生徒さんが会社の社長になり、外国ルーツの生徒さんを採用してくれたお話しなどを伺いました。
 温かな気持ちが、人と人とをつないでいくのだと思いました。外国ルーツだけでなく、障がいを持つ生徒さんなど、様々な事情を抱えた生徒さんを温かく迎え、一緒に困難を乗り越えてゆく学校なのだなと思いました。
 こちらの学校で難民写真展を開催させていただけて、本当に良かったと思いました。

f:id:kurd-m-san:20191110181725j:plain

文化祭なので仮装した生徒さんもいらっしゃいました。

f:id:kurd-m-san:20191110171634j:plain

講演会のポスターも展示させて頂きました。

f:id:kurd-m-san:20191110171733j:plain

写真展会場の教室ではパンの販売も。学校の近所の障がい者の方も雇用もされているパン屋さんが、出張販売されているそうです。

f:id:kurd-m-san:20191110171258j:plain

パンを購入しながら写真に関心を持って下さる方もたくさんいらっしゃいました。