クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

きたむらけんじさん作・演出の舞台「エール!」いよいよ3/11から公演開始です!

いつもお世話になっている放送作家のきたむらけんじさん作・演出の舞台「エール!」がいよいよ3/11から上演されます。東日本大震災の避難所が舞台です。2017年上演されたものの再演ですが、何度でも観たくなる素敵な作品です。
困難な状況にある時に、助けてくれる人がいること。自分の可能性を信じてくれる人がいること。幸せを祈ってくれる人がいること。それは何よりもその人へのエールとなるのだと感じます。心が温かくなるストーリーです。
公演は3/11(水)~22(日)、中野のテアトルBONBONにて。
コロナの影響で世の中自粛ムードになっています。公演を中止するイベントも多々ありますが、そんな状況下でも舞台から伝えることを諦めない人達がいるのだなあとました。

会場ではコロナ対策もばっちり講じられています。ぜひマスクご持参でお出かけ下さい。

ご予約はこちらからどうぞ!

※前売りご購入の方には特製パンフレットが付いてきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

yataPro 演劇「エール!」を観た感想
(2017年の公演されたときのものです。)

yataPro Vol.2 「エール!」
作・演出:きたむらけんじ(劇団東京フェスティバル)
2017年9月9日(土)~18日(月・祝)
テアトル BONBON

早速、観に行くことに。
とても良かったので、感想を書くことにしました。

災害により突然生活を奪われてしまった人たちと、それを助ける人たちの避難所での営み。
社会的なテーマを、重くもなく、暗くもなく、かといって楽天的にでもなく、ユーモアを交えて伝えてくれます。

作品では、避難所で起きるトラブルやストレスがリアルに描かれていて、だんだん自分も避難所にいるような気分になってきます。
出てくる人はみんなごく普通の人ばかりで、大小様々な悩みを抱えながら、避難所生活を余儀なくされています。

ラストに向かうにつれ、出てくる人たちは、それぞれ輝きを放ち始めます。
懸命に生きるというのは、こういうことなんだ!と、伝わってきます。
最後の避難所の解散式で、お互いがエールを送り合うシーンでは、思わず一緒に拍手したくなってしまいます。
現実社会での被災者の生活再建では、もっと困難なのではと思いながらも、観ていて思わず涙が出てくるのは、こうあって欲しいという、作者の願いが伝わってくるからだと思いました。

困難な状況にある時に、助けてくれる人がいること。自分の可能性を信じてくれる人がいること。
幸せを祈ってくれる人がいること。
それは何よりもその人へのエールとなるのです。

人生が豊かになるような、人と人との分断を乗り越えていけるような、そんな素敵な作品だと感じました。

3/11はクルド人難民Mさんの仮放免延長手続きの日です

明日(3/11(水))は、クルド人難民Mさんの仮放免延長手続きの日です。
Mさんの家族は3.11の原発事故がきっかけで、日本とトルコで離ればなれに暮らすことになってしまいました。Mさんと家族は日本で難民申請を行い難民としての保護を求めていましたが、何年も認められず、仮放免という不安定な立場で暮らしていました。そして大地震原発事故が起きました。

仮放免中は居住地から自由に出ることもできず、健康保険も使えないため、小さな子どももいたMさんの家族は原発事故の放射能被害を心配しました。放射能が自分たちの住む場所に来ても、自分たちは日本人のように遠くに避難することもできない上、健康被害を受けても健康保険がないため必要な医療にかかることもできない、そう考えたのです。家族が離ればなれになるか、子どもたちの健康か。

やむにやまれぬ苦渋の選択としてMさん一家は、難民として迫害される危険性が高いMさんだけは日本に残り、家族はトルコに帰国することを選んだのです。

あれから9年。

家族が一緒に日本で安心して暮らすことは未だに叶っていません。

家族が短期的に日本を訪れMさんと再会することはあっても、離ればなれの生活は続いています。

Mさんを支援する当支援会が発足して8年近くが経とうとしています。

未だMさんが安心して家族と一緒に暮らせる道筋は見いだせないでいますが、それでも講演会などでMさんの境遇を話すと、多くの方がMさんに共感して下さり、Mさんの在留特別許可を求める署名に協力して下さいます。

私たちはMさんが安心して家族と暮らせるよう、これからも支援を続けていこうと思います。

f:id:kurd-m-san:20200310225800j:plain

これからもご支援よろしくお願いいたします

 

 

 

映画「わたしは分断を許さない」をポレポレ東中野で観てきました!

f:id:kurd-m-san:20200308144616j:plain

舞台挨拶する堀潤さん

堀潤さん監督、きたむらけんじさん脚本の映画「わたしは分断を許さない」を、公開初日の3/7にポレポレ東中野で観てきました!堀さんの舞台挨拶と岩井俊二監督との対談映像上映がある20時の回に行きました。
コロナの影響で岩井監督との対談は急遽映像上映に変更になったそうです。集客にも影響があるだろうかと心配しましたが、そんな不安を吹き飛ばすかのように続々とお客様が集まり、会場はあっという間に満席になりました。

f:id:kurd-m-san:20200308144450j:plain

ポレポレ東中野

感想を書きましたので、よろしければご覧ください。ぜひ多くの人にご覧頂きたい作品です。
今の社会に漠然とした不安を感じている方も、この作品を見ればなんとなく温かな気持ちになると思います!

f:id:kurd-m-san:20200308144536j:plain

階段で地下へ



映画はとても素晴らしい内容でした。
香港のデモから始まり、原発、日本の入管、難民、カンボジア中国企業の進出、ジャーナリストへのバッシング、シリア、米軍基地、パレスチナ・ガザ、北朝鮮、ヨルダンのシリア難民のキャンプなど日本や世界で起きている様々な問題。堀さんのナレーションとともに次々と映し出されていきます。

一見ばらばらに見えるテーマですが、出てくる一人一人のストーリーに触れることで、それぞれの方々が何を失っているのか、何に苦しんでいるのかを知ることができます。
スクリーンに映る人達はどの人も会ったことが無い人ばかりなのに、観ているうちにどうすればこの人たちを苦しみから助けることができるのだろう、と真剣に考えている自分がいます。
強い共感を呼び起こすのは、その人達が求めているものが地域の人達とのつながりや、安心して子育てできる環境、安心して生きられる場所など、自分がその状況にあったら、当然それを必要とするだろうというものばかりだからです。

映画のラストに、福島の原発事故によって生業を奪われてしまった人達が、前に一歩づつ進んでいく姿が紹介されていました。
原発事故の不安も、米軍基地の問題も、何でも普通に話せる世の中になって欲しい。
何か発言すると、左とか、そういう風に決めつけるのではなく、思ったことを普通に話せるようにして欲しい。TVが言っているからとかではなく、自分で考えて話して欲しい」と語る、放射能から子どもを守るために沖縄に避難した女性。
原発が事故を起こすとこういうことになってしまうんですよ、とやっぱり誰かが伝えないとダメだと思った。被災者も黙っていてはいけないと思った」と言い講演会で話すことを始めた原発事故で故郷を失った元美容師の女性。

上映後の舞台挨拶で最後に堀さんが仰った言葉が非常に印象的でした。
「既に三作目の取材に入っています。スーダンに行ってきました。
民主主義が無くなるかもしれないという未来を僕は危惧しています。
最初に作った映画は忘却がテーマでした。2年目でもみんな忘れちゃうんだなと思い震災をテーマにしました。
忘れた先に何があるか、知りもしない、知る機会もない、知らされもしない、
そうした中で分断が起きたんだなと思いました。
分断が進んでいった先には恐らくもう疲れ切っているから誰かに決めて欲しい、良くしてくれるなら誰でもいい。
恐らくもう何も決められない社会に到達するんじゃないかなと思っています。
そうなる前に皆さんと一緒に声を上げていきたいです。」

これから日本社会がどうなっていくかをとても良く示唆していると感じました。

映画を見終わって感じることは、堀さんやきたむらさんの温かな眼差しです。、
ジャーナリズムの役割は権力の監視であると言われています。
世の中で起きていることを知らせ、人々に警鐘を鳴らす。
堅く書くとこうですが、この映画はなぜ知ることが必要なのか、知らなければ何が私たちに起きるのかを丁寧に優しく伝えてくれているのです。

ぜひ多くの人にご覧頂きたいと思いました。今の社会に漠然とした不安を抱えている方も、この映画を観れば、映画館を出るときにはなんとなく心が温かくなっているのではと思いました。

f:id:kurd-m-san:20200308145707j:plain

いつもクルド難民支援でお世話になっている堀さん。映画でもクルド難民や収容問題について触れてくださいました。本当にありがとうございます!

 

松澤秀延さんの個展7日目。いよいよ最終日です。

松澤秀延さんの個展7日目。いよいよ最終日です。

会場に伺うと松澤さんと奥様がいらっしゃいました。
ちなみに毛筆のタイトル看板は、書道の師範である奥様が書 かれたそうです。芸術家ご夫婦で素晴らしいですね!
松澤さんに展覧会の手応えをお伺いすると、メディアの取材を何件か受けられたそうです。NHKサンデー毎日毎日新聞朝日新聞などの記者さんが来てくださったそうです。とてもありがたいですね!
松澤さんの絵画作品の購入希望者も何人かいらしたそうです。売り上げは全額、クルドの子どもたちのための進学資金に充てられます。アートで難民支援ができるなんてとても素敵なことだと思いました。
東京入管に収容中のメメット・オズチャルギルさんの仮放免を求める署名も集まったそうです。2月の最終週に、また東京入管に面会に行かれるそうなので、その時、提出なさるとのことでした。

今、難民や入管の問題は、過去最悪の状況を迎えています。ですが、こうして発信を続けていくことで、支援の手を差し伸べてくださる人は必ずいるのだと感じました。
そして、支援を取り巻く状況が厳しくても、松澤さんはいつもにこにこ笑顔で迎えてくださり、話を聞いてくださったり、質問すると知っていることは何でも惜しみなく教えて下さいます。心の豊かな優しい方なのだなあといつも感じています。
松澤さんが代表を務めるクルドを知る会の皆さんと一緒に活動をすることで、今までできなかったことができるようになったと感じています。

f:id:kurd-m-san:20200223151508j:plain

クルドを知る会のメンバーの方もご来場されました

f:id:kurd-m-san:20200223133639j:plain

松澤さんはいつもニコニコ笑顔で子どもにも優しく接してくださいます。

f:id:kurd-m-san:20200223151335j:plain

幾何学的な松澤さんの作品。いろいろな作風をお持ちですね。



私たちの支援会にできることはわずかなことですが、これからも力を合わせて何とかこの大変な状況を乗り越えていきたいと思いました。

私から申し上げるのも何ですが、ご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。

今後ともクルド難民支援にご注目下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


クルド関係お知らせ】

山村淳平さん制作によるDVD発売記念 上映会と難民の語り
「外国人収容所の闇-クルドの人々は今」

日  時:3月14日(土) 19:00~20:40 (開場18:40)
会  場:北とぴあ6階 ドームホール
  (東京都北区王子1-11-1)

アクセス:JR王子駅 北口徒歩2分
     地下鉄南北線王子駅 5番出口直通
     都電荒川線 王子駅前 徒歩5分

参加費:1,000円

上映作品:「外国人収容所の闇-クルドの人々は今」
     制作・撮影・編集 山村淳平 2020年/39分

主催・問い合わせ
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC)

f:id:kurd-m-san:20200220155519j:plain

山村淳平医師制作によるDVD発売記念 上映会と難民の語り 「外国人収容所の闇-クルドの人々は今」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2020年3月ポレポレ東中野ほか全国順次公開!

ジャーナリスト堀潤さん監督作品

映画「わたしは分断を許さない」

https://bundan2020.com/

こちらの映画でクルド難民や入管の収容問題を扱っています。
ぜひご覧下さい。

公開参加プロジェクトとしてクラウドファンディングも実施中です。
https://a-port.asahi.com/projects/2020bundan/

 

f:id:kurd-m-san:20200224085116j:plain

f:id:kurd-m-san:20200221105535j:plain

松澤秀延さんの個展、第5日目

松澤秀延さんの個展、第5日目です。

f:id:kurd-m-san:20200224091511j:plain

松澤秀延さんの個展、第5日目。松澤さんは午前中は東京地裁クルド人男性が暴行を受けた事件の裁判の傍聴に行かれました。

f:id:kurd-m-san:20200224091722j:plain

東京地方裁判所の正面入口。入ってすぐ右には傍聴券の交付所があります。

今日は松澤さんは裁判の傍聴のために午前中は東京地裁に行かれ
るとのことでした。
という訳で今日は趣向を変えて裁判傍聴記をお伝えします。
クルド人男性のデニズさんが2019年1月19日、東日本入国管理セン
ター(通称=牛久入管)に収容中に入管職員から暴行を受けた事件
についての裁判です。
簡潔にご報告しますと、第3回となる今回の公判は、傍聴人は20
人でした。
求釈明というのが行われ、
裁判長から被告(入管職員)と原告(デニズさん)の双方とも、行っ
た行為の事実関係を時系列に整理して欲しいと言われました。
次回の日程は4月24日(金)10月30時とのこと。傍聴券の配布はしな
いそうです。

 

・・・・

以下は長いので時間ある方お読み下さい。
2020年2月21日(金)
東京地裁415号法廷 国家賠償請求事件
クルド人男性のデニズさんが2019年1月19日、東日本入国管理セン
ター(通称=牛久入管)に収容中に入管職員から暴行を受けた事件
についての裁判です。
少なくとも5〜6人はいるであろう入管職員に取り囲まれ、手首を
ねじ上げられたり、口を押さえ付けて呼吸を困難にしたり、後ろ
手に手錠をかけられた状態で首の痛点を執拗に押されたりする様
子は、どう見ても手出しができない人に対する集団暴行です。
曲がりなりにも公的な施設である入管収容所で、なぜこのような
行為が許されるのか甚だ疑問に感じます。
そしてそのようなひどい暴行が行われた場所に、デニズさんは今
なお収容されているわけです。

この暴行事件は共同通信やTBS、フリージャーナリストの志葉玲
んが報道し、映像が配信されたため大きな反響を呼びました。
入管収容者制圧の映像公開 「痛い」叫ぶクルド人
https://m.youtube.com/watch?v=6K30zOULa5I

衝撃映像:入管施設での集団暴行の実態
https://m.youtube.com/watch?v=g2MowIxv46A

news23】衝撃の内部映像、収容者“暴行”入管施設で何が?
https://m.youtube.com/watch?v=95piEZ54y34

共同通信の方は4万回、志葉玲さんのものは3万2000回、TBSの方は
8,200回再生されています。
世の中の注目が高いと判断されたため、今回の裁判は傍聴券の配
布が行われました。

傍聴券配布
裁判所に着いて傍聴券の交付所に行くと11番目でした。松澤さん
もいらっしゃいました。しばらくすると締め切り時間になり、抽
選はなしということで全員傍聴券が貰えることになりました。
思ったより傍聴者が少ないと感じましたが、法廷で始まるのを待
っているとどんどん傍聴者が入ってきて最終的には20人が傍聴席
に座りました。
私や松澤さんのような支援者のほかにメディア関係者の方も。

法廷の様子
裁判が始まると正面に裁判官3人が座り、向かって左に原告である
デニズさんの代理人弁護士である大橋毅弁護士と若い弁護士さん
が座り、
右に被告である法務省職員4人(入管庁は法務省の管轄です)が座り
ました。

傍聴効果
やりとりを聞いていて印象に残ったのは、裁判長から事実関係を
整理して欲しいて言われたこと。
裁判長が「法務省の主張は、眠れないので睡眠薬を求めた原告(デ
ニズさん)が大声を出したので、職員が居室である202号室から連
れ出そうとしたところ、原告が(デニズさん)が職員に対して暴行
を行なったため隔離を行なったとありますが、
職員が暴行を受けたとされるのは、居室ではなく次に移動した処
遇室ですよね?」と指摘すると、やりとりをしていた若い女性法
務省職員が少し狼狽気味になりした。女性の後ろに座っている年
配の男性職員と囁き合ったりしていました。
慌てているような様子が意外だったので私がしげしげ眺めている
と、若い女性職員も年配の男性職員も、視線が気になるのかちら
りとこちらを見返して来たり、女性職員がイライラした様子で乱
暴に書類を閉じたりしていたので、これは法務省にとって都合が
悪いことを指摘されたのだと感じました。
傍聴人が多いほど緊張感が生まれると思いました。傍聴の効果と
いうのはこういうことなのだなと感じました。

終了後は大橋弁護士が裁判の解説をして下さいました。

次回日程
次回の日程は4月24日(金)10月30時とのこと。
傍聴券の配布はしないそうです。
お時間ある方、ぜひご参加下さい。

f:id:kurd-m-san:20200224091904j:plain

裁判所の前では他の法廷で開かれる冤罪事件のチラシを配布している皆さんが。

 

松澤秀延さんの個展、第4日目です

松澤秀延さんの個展、第4日目です。

f:id:kurd-m-san:20200224085226j:plain

毛筆による展覧会タイトルは、書道の師範である松澤さんの奥様が書かれたものです。

会場に堀潤さんの新作映画「わたしは分断を許さない」のチラシ
を貼らせて頂きました。

f:id:kurd-m-san:20200224085116j:plain

堀潤さんの新作映画「私は分断を許さない」のチラシを貼らせていただきました。

こちらの映画では日本の難民問題や入管問題が扱われており、クルド難民のメメット・チョラクさんご家族の記者会見の映像やイシル・フセインさんの奥様の映像も挿入
されています。東京入管の収容施設の中から、堀さんに助けを求める人々の映像も。
3月7日からポレポレ東中野ほか、全国の映画館で上映されます。ぜひご覧下さい!

 

f:id:kurd-m-san:20200224085449j:plain

映画の公式サイトには、登場人物としてクルド難民のメメット・チョラクさんも紹介されています。

今日も多くのお客様にご来場頂いたようです。ありがとうござい
ます。松澤さんがお一人お一人、丁寧に応対していらっしゃいま
した。

f:id:kurd-m-san:20200224085716j:plain

今日も多くのお客様が来場されました。ありがとうございます。

f:id:kurd-m-san:20200224085800j:plain

松澤さんが丁寧に作品を解説していらっしゃいました。


普段、難民支援の話はかなりたくさんしますが、松澤さんの絵画
作品を拝見したのは初めてだったので、せっかくの機会なので絵
の解説をして頂きました。

f:id:kurd-m-san:20200224085850j:plain

松澤さんが抽象画作品の解説をして下さいました。

松澤さんが仰るには
「私たちは今のところ地球で生きていくしかありませんね。この
絵にはいろいろなものが描かれていますが、この円は地球や輪廻
をイメージしています。密教曼荼羅に通づる部分もあります。
円はゾロアスター教(拝火教)のモチーフとしても出てきます。
それから、こちらの円の中には放射状に線が描かれていますが、
車輪や地球の経度のイメージなどがあります。
車輪は様々な絵画のモチーフになっていますが、歯車や継続性、
車輪によってより速く走ることができる、などの意味もあります

人が命を失ってもそれは命が無くなったのではなく、形が変わっ
ただけなのです。こうして命は続いていくのです。」

f:id:kurd-m-san:20200224085936j:plain

円、地球、生命、輪廻、車輪、継続性、加速など、様々な意味が込められています。

まるでお坊さんの説法のように淀みなく話して下さる松澤さん。
ためになるお話しに、思わず両手を合わせて「ありがとうござい
ます!」と感謝をしてしまいました。

 

松澤秀延さん個展、第三日目

松澤秀延さん個展、第3日目。
午前中に会場に伺うと松澤さんの奥様がいらっしゃいました。
今日は松澤さんは東京入管に収容されているクルドの方の面会に
入られたそうです。

f:id:kurd-m-san:20200224084225j:plain

会場には松澤さんの奥様がいらっしゃいました

「個展の最中なんだから、遠くから会いに来られる方もおられる
し、こういう日くらい面会をお休みすればいいのに」と仰ってい
ましたが、
個展の最中でも地道な支援活動を休まないところが松澤さんの素
晴らしいところだと感じます。
奥様とお話ししていると会館の事務局の方が通りかかって、壁に
かけているクルドの旗を指差し、昨日、会館を利用された方が電
話を掛けて来られて、あの壁にかかっている旗はどこの国の旗で
すか?と質問なさったので、事務局の方はクルドの旗だと思いま
すと答えて下さったそうです。
代わりに答えて頂けて大変嬉しく思いました。ありがとうござい
ます。
クルドの旗は珍しいのか、会場に立っていると何人かの方からあ
の旗は何の旗ですか?と質問を受けました。
ちなみにクルドの旗に使われている色にはそれぞれ意味があり、
赤はクルド人の血、白は平和と平等、緑は自然、黄色の太陽は生
命を意味しているそうです。

夕方、面会を終えた松澤さんが、大学の先生や学生さんとともに
いらっしゃいました。本当にお疲れ様でした。

展示してある抽象画や模型飛行機は販売も可能だそうです。もし
ご興味ある方はぜひ松澤さんにご相談下さい。
売り上げはクルドの子どもたちの進学支援に充てられるそうです

 

f:id:kurd-m-san:20200224084319j:plain

獨協大学の先生と学生さんが来場されました

f:id:kurd-m-san:20200224084424j:plain

作品を解説される松澤さん