クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

6/1-6/15【緊急企画】世界難民の日イベント 入管収容問題パネル・写真展「わたしを ここから だして —入管収容所の外国人の現在(いま)—」World Refugee Day “Get me out from the Immigration Prison”Photo exhibition

 

f:id:kurd-m-san:20190527062207p:plain

チラシ表

 

 

f:id:kurd-m-san:20190527062309p:plain

チラシ裏

 

f:id:kurd-m-san:20190527070436j:plain

バナー

【緊急企画】世界難民の日イベント 入管収容問題パネル・写真展
「わたしを ここから だして—入管収容所の外国人の現在(いま)—」

World Refugee Day “Get me out from the Immigration Prison”Photo exhibition



2019 6/1[土]-15[土]
日本教育会館 一ツ橋画廊 9:00−21:00 最終日は17時まで
入場無料

■写真とパネル展示
新聞報道で伝える入管問題/収容される難民/クルド難民とは/難民と共に生きる

共催 クルドを知る会・日本クルド文化協会・クルド人難民Mさんを支援する会


■チラシダウンロード
http://chechennews.org/sharedoc/20190601_bira.pdf


■私たちは共に生きたい——

 2019年4月の改正入管法の施行により、多くの外国人労働者を 受け入れることになりました。2020年夏には東京オリンピックパラリンピックの開催もあり、日本社会はさらに多くの外国人を迎えます。
 一方で、日本は「難民鎖国」と揶揄されるほど難民を受け入れておらず、2018年度は1万人以上が難民申請をしたにもかかわらず、認定されたのはわずか42人でした。多くの難民申請者が認定されず、かといって迫害の危険がある出身国に帰ることもできずに、日本で不安定な生活を送っています。
 なかには入管の収容所に長期間収容され、帰国を強要されることで心身ともに極限状態に陥っている方もいます。収容に耐えきれずに自殺してしまった方や、適切な医療が受けられず死亡してしまった方さえもいるのです。
 日本に暮らす私たちは、様々な背景を持ってやってきた外国人と、どのような社会を作っていきたいのでしょうか。
 排除や選別ではなく、共生への道を模索しましょう。

 

トークイベント(展覧会場にて開催)

●6月1日(土) 17:30〜18:00(参加無料)
緊急ミニ講演会 「東京入管 クルド難民救急搬送拒否事件について」

児玉 晃一 弁護士
(入管問題調査会・「ハマースミスの誓い」代表・ マイルストーン総合法律事務所)
東城 輝夫 弁護士 (上野きぼう法律事務所)

 2019年3月12日、東京入国管理局に収容されていたクルド難民申請者チョラク・メメットさんの体調が急激に悪化。面会した家族が命の危険を感じ、救急車を呼んだものの、入管当局によって二度にわたり救急搬送が拒否され、救急車が返されてしまった事件の問題点について、現場にいた弁護士からの報告。

●6月9日(日) 14:00〜16:00(参加無料)
緊急講演会
「改正入管法の陰で 長期収容に苦しむ難民申請者たち」

大橋 毅 弁護士 (クルド難民弁護団
20年以上にわたりクルド人難民の弁護活動を続ける。クルド難民弁護団事務局長。弁護団は1997年に発足し、トルコ国籍クルド人難民申請者らの法的援助を行っている。東京弁護士会所属。


■会場にて署名を集めます!

 東京入管に長期間収容されている、クルド難民申請者チョラク・メメットさんとイシル・フセインさんの解放を求める署名を会場にて集めます。お二人は健康状態や精神状態が非常に悪化しており、一刻も早い解放が必要です。ぜひご協力下さい!

■共催 クルドを知る会・日本クルド文化協会・クルド人難民Mさんを支援する会
事務局 周 香織 070-6657-6765 E-mail shukaori@yahoo.co.jp
http://kurd-m-san.hatenablog.com/

■会場アクセス
日本教育会館 一ツ橋画廊
地下鉄新宿線半蔵門線神保町駅(A1出口)徒歩3分
三田線神保町駅(A8出口)徒歩5分〒101-0003東京都千代田区一ツ橋2-6-2
道案内専用電話 03-3230-2833

 

【緊急企画】6/1~6/15 入管収容問題パネル・写真展「わたしを ここから だしてー入管収容所の外国人の現在(いま)ー

 

f:id:kurd-m-san:20190520123420j:plain

世界難民の日イベント 入管収容問題パネル・写真展

【緊急企画】「(仮題)わたしを ここから だして-入管収容所の外国人の現在(いま)-」

2019年6/1(土)~6/15(土)
9:00~21:00 ※最終日は17時まで。
入場無料
日本教育会館1階 一ツ橋画廊

〒101-0003 千代田区一ツ橋2-6-2
地下鉄神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
道案内専用電話 03-3230-2833

~私たちは、共に生きたい~
 2019年4月の改正入管法の施行により、多くの外国人労働者を受け入れることになりました。2020年夏には東京オリンピックパラリンピックの開催もあり、日本社会は更に多くの外国人を迎えます。
 一方で、日本は難民鎖国と揶揄されるほど、難民を受け入れておらず、2018年度は1万人以上が難民申請をしたにもかかわらず、認定されたのはわずか42人でした。多くの難民申請者が認定もされず、かといって迫害の危険がある出身国に帰国することもできずに、日本社会で不安定な生活を送っています。なかには入管の収容所に長期間収容され、帰国を強要されることで心身ともに極限状態に陥っている方も。
 入管の収容所には難民だけでなく、日本人と結婚した方や子どもが日本で育った方など、帰国できない様々な事情を抱えた方が長期間収容されています。そして収容に耐えきれずに自殺してしまった方や、適切な医療が受けられず死亡してしまった方さえもいるのです。
 日本に暮らす私たちは、様々な背景を持ってやってきた外国人とどのような社会を作ってゆきたいのか。
排除や選別ではなく、共生への道を模索しましょう。


【会場にて署名を集めます!】

東京入管に長期間収容されている、トルコ国籍のクルド難民申請者の解放を求める署名を会場にて集めます。非常に健康状態が悪化しており、重篤な状態に陥っています。ぜひご協力下さい!


■ 共催 クルドを知る会・クルド人難民Mさんを支援する会

 

【東京新聞】外国人の親拘束、子は児相に 入管の家族分離急増

外国人の親拘束、子は児相に 入管の家族分離急増
2019年5月13日 朝刊
https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201905/CK2019051302000116.html

 子どものいる非正規滞在外国人を入管当局が拘束、施設に収容する際、子どもを親から分離し児童相談所に保護を依頼したケースが二〇一七年に急増、引き離された子どもは全国で二十八人に上り前年の七倍になったことが分かった。法務省が野党議員に開示した資料を共同通信が入手した。

 入管施設は現在、子どもを受け入れない。入管当局は従来、親子別離による子どもの精神的負担を考慮、子を持つ外国人は原則、拘束せず退去強制手続きを進めてきたが、近年の非正規滞在者対策の厳格化で配慮が揺らいだ可能性が示された。

 米トランプ政権は非正規移民の親子分離収容で批判を受けたが、日本でも親子分離が引き起こされているといえそうだ。

 資料によると、保護者の収容を理由に入管当局が児相に保護を依頼した子どもの人数は一三年と一四年が二人、一五年一人、一六年四人、一七年は二十八人。出入国在留管理庁は「児相に保護を依頼した子どもの人数は公表情報ではない」とし、急増理由を明らかにしていない。一八年分は未集計だが公表予定はないという。

 外国人の人権に詳しい弁護士らは「子どもを放って逃亡する親は通常おらず、不必要で無意味な収容だ」と批判する。

 入管庁の担当者は「米政権は不法移民の親子は分離されてしかるべきだとの立場だったが、日本は子どもに配慮している。児童の収容は好ましくなく、親も原則、在宅(拘束しない)で退去強制手続きを進める」と説明。「養育放棄のように親の監護能力がない場合などは親を収容せざるを得ず、児相に子どもの保護を依頼する」と話した。

 だが、成田空港で一七年、入国を拒否され、すぐに拘束されたトルコ出身の男性(29)は妻(24)と別々に収容され、未就学の子ども二人が児相に送られたと証言、監護能力と無関係に親子が分離されており、外国人支援者らは入管庁の説明を疑問視している。

 児玉晃一弁護士は「日本も批准した国際人権規約自由権規約子どもの権利条約は国家による家族への介入や親子分離を禁止している。入管当局の対応はこれらの趣旨に反する」と指摘する。

◆帰国に追い込む政策
国士舘大鈴木江理子教授(移民政策)の話> 在留資格のない非正規滞在外国人の家族分離が急増したことは、法務省が帰国を促すため外国人を追い込む方針を強化したことを示している。子どもと引き離される親の精神的苦痛は計り知れず、分離させられるのならば帰国を選ばざるをえないと考える外国人もいるだろう。非正規滞在でも、母国で迫害の恐れのある難民申請者や日本で地域社会に根ざし長期間暮らす外国人もいる。そして何よりも、子どもの成育に親の存在は欠かせない。個々の事情を考慮し、人権尊重の原則のもとで在留特別許可の是非を判断すべきだ。

非正規滞在外国人> 在留資格を持たずに日本に滞在する外国人の総称。査証(ビザ)などが定める滞在期限を過ぎた不法残留や、偽造旅券による不法入国などが含まれるが、母国での迫害で命の危険があり日本政府に保護を求め難民申請中の場合もある。非正規滞在でも一般社会での生活を認める「仮放免」の扱いを受けられるが、就労は禁止されるほか、強制送還の恐れが常にある。政府は「不法滞在」と表現するが、実質的に日本の労働力など社会の機能を支える一部になっているとの見方もあり、近年「非正規滞在」との呼び方が増えている。

 

f:id:kurd-m-san:20190513052442j:plain

東京新聞の記事 言葉の解説で「非正規滞在」になっているのがとても良いです。

 

神奈川新聞にも記事が掲載されていました。

実際に成田空港で入国拒否された上、親子バラバラにされてしまったクルド人家族のインタビューも載っています。あまりにもひどい仕打ちだと思います。

f:id:kurd-m-san:20190513091903j:plain

神奈川新聞にも掲載

f:id:kurd-m-san:20190513091904j:plain

実際に親子分離させられてしまったクルド人家族のインタビューです

 

自由と生存のメーデー

フリーター全般労組の自由と生存のメーデーに、支援会事務局のメンバーが参加。
スピーカーとして登壇させて頂きました。

f:id:kurd-m-san:20190508175849j:plain

自由と生存のメーデーでお話させていただきました

近年、入管が仮放免の運用を厳格化しており、仮放免の人が就労したことを理由に収容施設に入れられてしまうこと、収容されてしまうと制度的には無期限の収容が可能であること、収容施設内で帰国を迫られること、
持病の悪化などでどうにか仮放免の許可が出て収容所から解放されても、就労禁止を約束させられ、生活保護や健康保険などの社会保障も受けられないため、生活は困難を極めることなどをお話しました。

登壇した他のスピーカーの方からは、生活保護を受けている当事者の方の発言や、山谷の日雇い労働者の集団生活保護申請、建設現場の外国人労働、トリプルワーカーが直面する労働実態や困難、就職氷河期世代の今後など、非常に多岐にわたり、今の時代の最先端をゆく課題ばかりで大変勉強になりました。

会場には40人を超える人が参加しており、満員で大盛況でした。
Mさんの在特を求める署名にも多くの方がご協力くださいました。

メーデー後にはパーティーがありました。
パーティーで参加者の方が、20年ほど前にトルコのディアルバクルに行ったことがあり、街で警官がクルド人の男性を殴っているのを見た、という話をして下さいました。
子どもを連れたごく普通の人が警察に殴られているのを見て驚いた、とのことでした。
クルド人の迫害はずっと昔から続いていることを実感しました。

とても充実したメーデーでした。

f:id:kurd-m-san:20190507062955j:plain

猫ちゃんがデザインされたフライヤーは素敵でした。多くの参加者の方がMさんの在特を求める署名にご協力してください、大変嬉しく思いました。

 

クリスチャン新聞に先日の講演会の記事掲載

先日開催した講演会について、クリスチャン新聞のWebサイトでご紹介頂きました。ありがとうございます!
クルド人難民はどこから、なぜ日本に来たのか」 埼玉県蕨市で講演会・スライド上映
https://xn--pckuay0l6a7c1910dfvzb.com/?p=23748

また、4月28日発行のクリスチャン新聞の紙面でも、詳細な記事を掲載して頂きました。講演会の内容を的確にまとめて下さったとても良い記事です。ぜひご覧下さい!

f:id:kurd-m-san:20190422084328j:plain

クリスチャン新聞4月28日号掲載


 

明日はMさんの仮放免の日です

明日、4月22日(月)はMさんの仮放免手続きの日です。

数ヶ月前から仮放免手続きに行く度に、入管職員が「参与員インタビューの結果がだめだったらあなたをまた収容する」など、Mさんに強いプレッシャーをかけているため、Mさんは強いストレスを感じています。

 

蕨で支援会ミーティング・講演会を振り返って

支援会のミーティングを行いました。会場はいつもお世話になっている蕨のブックカフェ、ココシバさんです。Mさんも参加して下さいました。

f:id:kurd-m-san:20190405203035j:plain

おしゃれなブックカフェ「ココシバ」さん。

3月16日の講演会について、意見交換をしました。

当日回収したアンケートを見るとかなりの回収率で、どなたも皆、熱い感想を書いて下さっていました。

f:id:kurd-m-san:20190406161917j:plain

回収したアンケート

クルド人弾圧の映像は衝撃だった。「これは帰ってはいけない!!」と感じた。」

「多様な角度からクルド問題、日本における難民問題を考える機会となりました。」

「蕨に在住しているので、クルド人の方のことは知りたいと思い、いろいろ参加していますが、なかなか難しいですが徐々に理解を深めていきたいと思っています。今日もトルコでの状況や、いまの生活のことなど、知ることができて良かったです」

「望月さんのお話しで日本に既にいる外国人の構成、又日本人と外国人で簡単に区別できないことも分かりました。スライド上映で実際に起きている現実を知りました。

大橋弁護士の感情的になり過ぎない分析力などがすごいと思いました。今回参加できて学ぶことが多かったです。ありがとうございました。」

などなど。

今回の講演会では、地域の方が多く参加して下さったことを、とても嬉しく思いました。レフィクさんが提供して下さった映像や写真は、非常に刺激の強いものだったので、このようなものを上映してよいのか、不安もありましたが、参加して下さった方は衝撃を受けながらも、クルド問題や日本の難民問題の本質を受け止めて下さったと思い、とても嬉しく思いました。

トルコからの抑圧を逃れ、クルドの人々はこの日本で一生懸命生きようとしています。地域の方々にクルド問題や難民問題について理解を深めて頂くことは、私たちの社会が難民に対してどのようにあるべきなのか、考えて頂く一助になると確信しました。

Mさんから近況も伺いました。

3/25に仮放免の手続きに行ったら、入管職員から非常に厳しいことを言われ、
僕は頭が痛くなってしまった、とのこと。
参与員インタビューの結果がだめだったらまた収容するよ。
あなたはもう6回も難民申請をしている訳だし、など。
(職員としてはこれ以上、難民申請をしても認定されないから、申請してもムダ、
ということを言いたかったようです)。
Mさんは難民を審査する制度は人間が作った法律でしょう?これから変わる
可能性だってある。それなのに、なぜそんなことを言うんですか?と怒ったそうです。
また、入管職員に血圧も測られたそうです。Mさんは職員は医者でもないのに、なぜそんなことをするんだ?血圧を測って何を判断しようとしているんだ?と怒りを感じたとのこと。
仮放免者への締め付けが、ますます強くなっていると感じました。

 

地域密着型ブックカフェのココシバさんにはクルド関係のイベントがたくさん予定されていました。

毎週木曜日はクルドの子どもたちに勉強を教えるクルド寺子屋クルド手芸教室、クルドスウィーツパラダイスなど。

日本政府はクルド難民を難民として認定しようとしませんが、こうして地域ではクルド人たちが生活者として交流を深めているのだと感じました。

f:id:kurd-m-san:20190405213838j:plain

毎週木曜日はクルド寺子屋クルドスウィーツパラダイスも!

f:id:kurd-m-san:20190405194236j:plain

クルドのスウィーツ「レヴァニ」。シロップがしみた焼き菓子にココナッツのトッピングです。

f:id:kurd-m-san:20190405213834j:plain

地域密着型のブックカフェ「ココシバ」さんには、魅力的なイベントがたくさん。

f:id:kurd-m-san:20190405203417j:plain

レース編みオヤのキーホルダー