クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

写真展初日

いよいよ写真展初日です。
中国の留学生の方が6人ほどが見に来てくださいました。
この会館でお掃除のお仕事されている皆さんだそうです。ありがとうございます!
一緒にお仕事されている日本人の職員の方が1枚1枚、写真の説明をしてくださったそうです。本当にありがとうございます!職員の方は、ロヒンギャの少女の涙の写真が心に残ったそうです。心が痛くなる、と、話してくださいました。

f:id:kurd-m-san:20180618122434j:plain

昼休み、レフィックさんの写真をじっと見ている方がいらっしゃいました。こういった戦争や紛争地の写真や映画をよくご覧になっている方だそうです。レフィックさんがこのジズレの街で写真を撮られた状況を説明すると、とても驚いていらっしゃいました。すごい状況下で撮ったのですね!と、感想を言って下さいました。

f:id:kurd-m-san:20180618121804j:plain

この日は上のホールで看護系大学の催しがあったようで、大勢の方がロビーを行き来していました。看護の関係者が多いせいか、「入管収容所での重大事故」(自殺や未遂、医療の問題が多く載っている)の掲示や、クルドの人々が苦しんでいるレフィックさんの写真をご覧になっている方が多くいらっしゃいました。

f:id:kurd-m-san:20180618125128j:plain

職場の方が写真展を見てくださいました。
DAYSの写真賞をご覧になり、いろいろな人がいろいろな地域を撮っているのね!と驚いていらっしゃいました。豪華絢爛なドバイの写真をご覧になって、あそこはすごいわね。バブルなのね!と感想を漏らしていらっしゃいました。

帰り際、すっかり静かになったロビーを通りかかると、じっと写真を見つめているサラリーマン風の方が。
DAYSの写真を一つ一つ時間をかけてご覧になっていました。DAYSの写真の力を感じるときは、こういう時です。写っているものは胸が苦しくなるような辛い写真が多いですが、目が離せなくなる不思議な力があります。知らなくてはならないものを知らせる力が、そうさせているのだと思っていました。
写真展のチラシをお渡しし、日曜日のトークイベントをご案内しました。

クルド人問題と日本の難民問題を解説するものを掲示しています。

f:id:kurd-m-san:20180618184313j:plain

f:id:kurd-m-san:20180618184304j:plain


 世界で起きていることと、日本で起きていることがつながっていることを感じていただければ嬉しいです。

多くの方にご来場頂きました。
ありがとうございました!

写真展の搬入

f:id:kurd-m-san:20180617133429j:plain

写真展の搬入です。
東京新聞の方が取材に来て下さいました。ありがとうございます!
今日は3階のホールで都市対抗野球大会組み合わせ抽選会なるものがあったようで、がっちりした体格の高校生や、監督と思しき人、取材に来たと見られるメディアの方がたくさんロビーを通っていきました。とりあえず、昨日作った掲示物「相次ぐ入管収容施設での重大事故」を一番目立つところに貼って、入管で起きていることを伝えました。見てくれる方もけっこういて、嬉しい限りです。

f:id:kurd-m-san:20180617153041j:plain

f:id:kurd-m-san:20180617154802j:plain

レフィックさん写真コーナーの看板・入管収容所関係の事故・事件の記事

今日が写真展の搬入日なので準備に大わらわです。
レフィックさんの写真コーナー用の看板を作りました。レフィックさんの作品は十数枚展示予定です。レフィックさんの顔写真を提供して下さったのは、DAYSフォトジャーナリズム大賞で何回も賞を取っていらっしゃる高橋邦典さんです。本当にありがとうございます!

f:id:kurd-m-san:20180616212531j:plain


入管関係の記事を集めて、掲示物を作りました。

f:id:kurd-m-san:20180616230344j:plain

こうして記事を並べてみると、改めて収容所というのはひどいところだと思いました。入管は法務省の管轄なのですが、収容所の中は人権保護が及ばない治外法権だと感じました。
 入管の収容所内はメディアが入れないので、そこで起きた事故や事件はなかなか私たちが知ることができまません。記事を書いて下さった記者の方に本当に感謝したいです。ありがとうございます!

産経ネットに写真展のお知らせ掲載

難民収容問題写真展のお知らせが、産経ネットに載りました。
写真展は6月18日(月)から開催です。入場無料ですのでぜひお出掛け下さい!

日本に暮らす難民写真展 収容に直面、クルドの今も

https://www.sankei.com/photo/story/news/180616/sty1806160008-n1.html

 

写真をプリントしました

レフィックさんが撮影された写真をプリントしました。
写真にするとより一層、リアリティがあります。
トルコに住むクルドの人たちの恐怖や苦しみ、悲しみが溢れ出してくるようです。

f:id:kurd-m-san:20180615180237j:plain

タペストリー

DAYSの写真展が終了したので、会場で使用していたタペストリーをお借りしてきました。18日からの当支援会の写真展で展示させていただきます。ロヒンギャ難民の少女の眼差しは、まるで「私はこんなに苦しいのに、なぜあなたは見ているだけなの?」と問いかけているようです。

 

f:id:kurd-m-san:20180610185641j:plain

 

こちらの写真のキャプションはこちらです。
ロヒンギャ難民 迫害から逃れて」 ポーラ・ブロンスタイン/Getty Images
太陽が照りつける中、田んぼの泥道で泣いているロヒンギャ難民の少女。ここにたどり着くまでに、ほとんど睡眠を取らずに何日も歩き続けた。パロンカリ、バングラデシュ。2017年10月16日

チラシの配布

学校の先生方が集まる会議があったので、写真展のチラシを配布させていただきました。200枚以上配布できて良かったです。ありがとうございました!

f:id:kurd-m-san:20180609135421j:plain