クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

クルドスイーツ★パラダイス  しばしば舎

蕨のカフェで「クルド スイーツパラダイス」というイベントがあったので早速行ってきました。

f:id:kurd-m-san:20180218134741j:plain

クルドのお母さん達の手作りスイーツ6種類が食べ放題。飲み物も付いています。蕨駅東口から徒歩4分ほどの「しばしば舎」というおしゃれなブックカフェです。Mさんにも来ていただきました。ナッツ入りのクッキー、ケレビスを食べて「美味いね!」と笑顔のMさん。「家族が日本にいた頃は、うちの奥さんもよく作っていたんだよ」と、話してくれました。お店の方がMさんに話し掛けて下さったので、Mさんは地図を示しながら、今のクルド情勢を話してくれました。1月20日からシリア領内のアフリンというクルド人が多く住む地区に、トルコ軍が国境を越えて進軍。そこに住むクルド人が殺害されているとのこと。お店の方も真剣な表情で聞いて下さいました。

f:id:kurd-m-san:20180218141555j:plain


Mさんが昨年、4ヶ月も入管に収容されてしまったことを、お話しすると「それは大変でしたね・・・」とお店の方はとても驚いていらっしゃいました。現在、蕨には1500人ほどのクルド人が住んでいると言われますが、こうして地域の方と交流できるのは、とても良いことだと思いました。
また、手作りスイーツは、蕨で開かれているクルドお料理教室というのがあり、そのつながりでお菓子を作ってくれるクルドのお母さんたちを見つけられたとのこと。店内にはお母さん達が作ったレース編みや編み物などの手芸品の販売もあり、とても素敵でした。

f:id:kurd-m-san:20180218144939j:plain


クルドのことを知ってもらうのに、こういったソフトなアプローチはとても良いと思いました。
しばしば舎さんは、小さな出版社から出ている本が集められており、普通の書店ではお目にかかれないようなラインナップが目白押しです。また、読書会やTVCMの上映会など、様々なユニークなイベントも開催されており、ぜひまた伺いたいと思いました。

 

民進党の参議院議員石橋通宏さんを訪問

昨年Mさんが収容された際にご支援頂いた、民進党の参議院議員石橋通宏さんに御礼のご挨拶に伺いました。
石橋議員も秘書さんもとても優しい方で、Mさんを「仮放免されて本当におめでとう!」
と笑顔で迎えてくださり、がっちりと握手をして下さいました。Mさんも「本当にありがとうございました」と、とても嬉しそうでした。
短時間ではありますが、Mさんや日本で難民たちが置かれている状況や、東京五輪の治安対策として難民申請者が収容されていることなどをお話しさせて頂きました。
そしてMさんは仮放免されたものの体調が回復せず、就労も禁止され、健康保険もなく、病気の治療もままならない状況をお伝えしました。
石橋議員は難民の問題の他にも、外国人技能実習生などの問題にも非常に詳しく、二つの問題が繋がっていることなど、幅広い視点で私たちのお話を聞いて下さいました。
国会会期中のお忙しいなかお時間をいただき、本当に嬉しく思いました。
今後も引き続きご支援頂けるとのことでしたので、支援会はこれからもMさんが安心して日本で暮らしていけるよう、頑張っていこうと思います。

f:id:kurd-m-san:20180216152917j:plain

 

 

共同通信からMさんの記事配信

2月13日(火)の神奈川新聞にMさんの記事が掲載されました。

f:id:kurd-m-san:20180214052154j:plain

 

f:id:kurd-m-san:20180217061613j:plain

f:id:kurd-m-san:20180214052143j:plain

共同通信配信の記事なので、神奈川新聞、埼玉新聞茨城新聞信濃毎日新聞

上毛新聞、山陰中央新報北海道新聞室蘭新聞、北日本新聞、河北新報
山形新聞岐阜新聞京都新聞神戸新聞、山口新聞、愛媛 新聞、四国新聞
琉球新報などに掲載された模様です。


このMさんの記事は「不法滞在者の再収容4倍   政府、東京五輪で監視強化     難民に非人道的と批判」の記事と同時に配信されています。


支援者の立場として補足しますと、「不法」滞在者というとなんだか悪いことをした犯罪者か、見つからないように隠れ住んでいる外国人かのようなイメージがあるかもしれませんが、これは単に正規の在留資格が無い状態で日本に滞在しているという意味なので、犯罪行為とは関係ありません。
「不法滞在」というと誤解を招く場合も多いので、支援者の間では、「非正規滞在」や「超過滞在(オーバーステイ)」といった表現を使います。
非正規滞在の人の中には、Mさんのような難民申請者もいますし、日本人と結婚したものの配偶者としての在留資格がまだ得られていない人、何らかの事情で在留期間が過ぎても日本に住み続けている人、そういった人たちの間に生まれた子どもなども含まれています。
そういった人たちは、正式な在留資格はないものの、日本に住むことを希望しているので、入国管理局に行き、所定の手続きをした上で「仮放免」という条件の下、日本社会で暮らしています。
Mさんについては「難民認定申請」という手続きを入管で行っており、難民としての審査を受け認定されるのを待っている訳ですが、その間の正規の在留資格を入管は与えておらず、非正規な在留資格である「仮放免」しか認めていないという状態です。
記事では、そういった長期間仮放免を認め、収容していなかった人たちに対して、仮放免の運用を厳しくし、収容をしているということを報じています。
再収容されている人の数は、
2012年は121人、2016年は474人、2017年も9月末時点で434人に達しています。2016年から明らかに増えています。
今まで長期にわたって仮放免を認めていたということは、別の言い方をすれば、正規の在留資格はないものの、犯罪を犯したり、失踪して行方が分からなくなるということがない、或いは病気や就学など人道的な理由で入管が収容するべきではないと判断していたからだと言えます。
その判断基準を急に変更した理由が「2020年の東京五輪に向けた治安対策」とのこと。
支援者としては、既に日本社会に馴染んで長期間暮らしている人たちが、東京五輪で何か騒ぎを起こすというようなことは、全く考えられないことです。
政府や法務省、入国管理局がなぜそういう発想をし、そういった人たちを排除しようとするのか、非常に理解に苦しみます。
記事には、法務省担当者による「外国人犯罪が増えれば五輪に水を差しかねない」という言葉も紹介されていますが、滞在者と刑法犯との関連は明確ではなく、「体感的」と説明しているとのこと。
客観的なデータの裏付けもなく、体感的な理由で仮放免を取り消されたり、収容されたりするなどというのは、当事者にとっては到底納得できるものではありません。
曲がりなりにも、多くの国からゲストを迎えるのであれば、それらの人々が持つ多様な背景や価値観を尊重するのが、日本に求められている対応ではないでしょうか。
記事は、多岐にわたって非常によく調べられており、外国人に対する日本のちぐはぐな対応が浮き彫りになっていると感じました。

 

英文記事も出ています。

https://english.kyodonews.net/news/2018/02/ba5ba9227d83-more-illegal-immigrants-put-back-in-detention-after-release-in-japan.html

 

多くの新聞に掲載して頂きました。本当にありがとうございます。

f:id:kurd-m-san:20180217214411j:plain

f:id:kurd-m-san:20180217214348j:plain

 

f:id:kurd-m-san:20180217214452j:plain

 

f:id:kurd-m-san:20180217214508j:plain

 

上毛新聞(2018.2.13)

f:id:kurd-m-san:20180217214724j:plain

 

仮放免の延長できました

今日はMさんの仮放免の出頭日でした。
Mさんは入管から解放されたものの、正規の在留資格ではない「仮放免」という状態のため、入管が定めた「出頭日」に入管に赴き、自分の所在や動向を報告しなくてはなりません。
まず入管の7階の窓口に行き、入管職員の面談を受けます。前回の出頭日からなにか変わったことはあるか、どのように過ごしていたか、生活はどうしているのか、健康状態や通院状況などを聞かれます。
仮放免の延長が認められれば6階の違反審査部門というところに行き、仮放免の書類に印をもらい、次の出頭日を告げられます。認められなかった場合は「仮放免延長をしない」や「仮放免の取消し」などの理由で、そのまま収容施設に入れられてしまいます。
今回は無事に仮放免の延長が認められ、ほっと一安心でした。
次回の出頭日は3月8日(木)です。

f:id:kurd-m-san:20170824094333j:plain

 

フォトジャーナリズム雑誌「DAYSJAPAN」2月号に、クルド難民Mさんの解放の記事掲載!

フォトジャーナリズム雑誌「DAYSJAPAN」2月号に、クルド難民Mさん解放の記事を掲載していただきました。
DAYSでは、Mさんが収容された直後から、ツイッターで解放を求めるキャンペーンを何度もご紹介頂きました。
紙面でも10月号で緊急解放キャンペーンを、12月号でその後の経過をご紹介いただきました。
継続してご支援頂き本当にありがとうございました!
DAYSで取り上げて頂いた影響は大変大きく、読者の皆様やツイッターをご覧になった方々から、寄付をはじめ、激励メッセージ、署名など多大なご支援をいただきました。
心からお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

f:id:kurd-m-san:20180120075921j:plain

f:id:kurd-m-san:20180120080123j:plain

 

DAYS公式twitterでMさん解放キャンペーンを何度も紹介していただきました!

<緊急キャンペーン>東京入国管理局に収容中 トルコ国籍クルド人難民Mさんの一刻も早い解放を! https://twitter.com/i/web/status/910154494272446465

 

今夜20:55から「クルド人難民Мさんを支援する会 」事務局長の周香織さんがJ-WAVEに生出演

https://twitter.com/i/web/status/904965819293040640

 

緊急キャンペーン クルド人難民Mさんの解放を!
https://twitter.com/i/web/status/910151292516917250

月刊「子どもの文化」1月号に掲載

月刊「子どもの文化」1月号の特集は「世界の子どもは、いま」です。
クルド人家族との出会いから「難民鎖国」日本を考える」、というタイトルで原稿を書かせて頂きました。クルド難民Mさんのことも触れさせて頂きました。よろしければぜひご覧下さい。
貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

f:id:kurd-m-san:20180106083637j:plain

f:id:kurd-m-san:20180106083704j:plain

f:id:kurd-m-san:20180106083904j:plain

財団法人 文民教育協会 子どもの文化研究所
http://www.kodomonobunnka.or.jp/index.htm
『子どもの文化研究所』は、子どもの文化と保育・教育に関わるさまざまな分野の人が集まり交流し、創造と研究にチャレンジしています。
市場の原理では果たせない子どもの立場に立った実践と研究を発信しています。
(子どもの文化研究所webサイトより)

12月28日(木)Mさん仮放免お疲れ様会

収容所から出てきたMさんを励ますため、支援会メンバーでMさんを囲んでお食事会を開きました。

Mさんは最初、食欲が無い、と言ってほとんど食べず、声も小さく、口数も少なかったのですが、支援者の方が、気を遣っていろいろMさんに話しかけてくださるうちに、Mさんもだんだんと話し出してくれました。
Mさんが一番力を込めて話してくれたのは、クルド人の抑圧の歴史についてでした。

1923年にトルコ共和国が建国されたが、トルコ共和国建国の父とされているのが初代大統領のケマル・アタチュルクです。ある日、アタチュルクに、クルド人の代表者が電話で「明日から開会される会議に、クルド人は自分たちの服を着て出席するが、いいか?」と確認したところ、アタチュルクは了承し、クルド人の議員たちは喜び勇んでクルドの衣装を着て議場に向かったそうです。しかし、議場の入り口で「その服を着るなら議場には入れない」と言って、クルドの議員たちを逮捕し、トルコ東部に送ってしまったとのことでした。

元気が無かったMさんでしたが、クルドの抑圧について話すときは目に光が入り、とても力強く話していました。クルドについて知ってもらいたいという気持ちが強く伝わってきました。

その他、入管の収容所の食事は、白いご飯は温かいが、おかずはまるで冷蔵庫から出したばかりみたいに冷たいので、同室の人が温める工夫をしていて、コンビニで購入したポップコーンの袋(銀紙でできている?)におかずを入れて、牛乳を2~3滴垂らし、湯沸かしポットで温めていたことなどを話してくれました。

また、収容所には、日本人と結婚しているにもかかわらず、在留資格を得ることができず収容されてしまった人や、留学生として学校に通っていたものの、学費が払えなくなってしまい、収容されてしまった人のことなども話してくれました。留学生として来ていたその人は、漢字が読めるくらい日本語を知っていたので、Mさんに差し入れした雑誌や新聞記事は、その人に読んで貰ったとのことでした。

面会にも来てくれた支援者の坊やは、Mさんと面会した時に描いた絵を、Mさんにプレゼントしていました。早くMさんが収容所から出られるように、家を描いたそうです。

収容所を出てからも、Mさんは生活のことや病気のことなど、悩みは尽きないようでした。しかし暗い話ばかりをしてもあれなので、今年こそ在特を取って、病気を治しましょう!いつかケバブ屋を開くという夢を叶えましょう!と支援会のメンバーみんなで励ましました。
Mさんはありがとうございます!と嬉しそうでした。
外は冬の寒さが身にしみましたが、空には月が明るく輝いていました。

f:id:kurd-m-san:20171231030402j:plain

f:id:kurd-m-san:20171228201116j:plain

f:id:kurd-m-san:20171231030836j:plain