クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

【要事前予約】3/16講演会とスライド上映「外国から来た人と ともに生きる~クルド難民はどこから、なぜ日本に来たのか~」

講演会・スライド上映
「外国から来た人と ともに生きる ~クルド難民はどこから、なぜ日本に来たのか~」

f:id:kurd-m-san:20190213005847j:plain

こちらは仮チラシです。本チラシを後日アップします。



2019年3月16日(土)
開場18:00
開演18:30~21:00

資料代 500円
    ※難民無料。

蕨市立文化ホール くるる3階 多目的ホール
 JR京浜東北線 蕨駅西口 徒歩3分
 (〒335-0004 蕨市中央1-23-8)
http://warabi-fmpc.or.jp/kururu/access/

共催 クルドを知る会
   クルド日本文化協会
   クルド人難民Mさんを支援する会

 

【要事前予約】

参加ご希望の方は、

下記のお申し込みフォームでのお申し込みが可能です(メールアドレスが必要です)。
お申し込みフォーム:

https://bit.ly/2trvMeo 

 

下記のメールアドレス、もしくはお電話での申し込みも可能です。

お名前・メールアドレスまたは電話番号を下記までご連絡下さい。
申込先:mail(a)sawarabisha.com  (a)を@に変えてください。

電 話:050-3588-6458(さわらび舎・温井 折り返しお電話いたします)

 

※なお、空席があれば当日参加も可能です。

 

 

○プログラム
【第一部】
日本の外国人労働者受け入れ問題
 望月優大さん    (ウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長)

 〈講師プロフィール〉

 1985年生まれ。日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長。国内外で移民・難民問題を中心に様々な社会問題を取材し、「現代ビジネス」や「Newsweek」などの雑誌やウェブ媒体に寄稿。3月発売の近刊に『ふたつの日本「移民国家」の建前と現実』(講談社現代新書)。代表を務める株式会社コモンセンスでは非営利団体等への支援にも携わっている。

 

【第二部】
クルド人問題(30分)
   写真・映像上映
   2015年トルコ・ジズレでのクルド人抑圧
   映像・写真提供
   クルド人写真家レフィック・テキン(Refik Tekin)さん
  

日本のクルド難民問題
 大橋毅 弁護士(クルド難民弁護団)

 

クルド難民よりアピール

支援関係アピール

 

○イベントの趣旨
改正入管法により4月から多くの外国人労働者を迎えます。
日本には既に128万人もの外国人が労働者として生活しており、その労働力に頼らずには日本社会を維持できないのが実情です。
入管法改正を機に技能実習生の過酷な労働実態など外国人労働の様々な問題が注目されるようになりました。それを知らずに、あるいは共生という視点を欠いた状態で「外国人労働者」受け入れを考えることはできません。

蕨や川口には多くのクルド難民が住んでいます。クルド難民が日本にやってきてから20年ほど経ちましたが、日本政府はトルコ国籍のクルド人をこれまで一人も難民として認定していないため、就労や就学などの面で、多くのクルド人が不安定な生活を強いられています。

地域で暮らす私たちはどのように外国から来た人たちと暮らし、どのような社会を
作ってゆきたいのか。
共生への道を模索する声をお届けします。

支援会ミーティングをしました

蕨駅のすぐ近くにある文化ホール「くるる」で支援会ミーティングをしました。3月16日に開催する講演会は、こちらの3階ホールで行います。会場の下見とプログラムについての打ち合わせをMさんとともにしました。

f:id:kurd-m-san:20190208192752j:plain

Mさんとともに支援会ミーティングをしました

f:id:kurd-m-san:20190208190319j:plain

くるる3階の多目的ホール。とても広くてきれいです。椅子は可動式です。

f:id:kurd-m-san:20190208190805j:plain

ホールのホワイエです。

 

支援会ミーティングとニュースレターの発送

支援会のミーティングをしました。会場はいつもお世話になっている蕨のブックカフェ、ココシバさんです。

支援会のメンバーなどで執筆したニュースレターの第5号も完成したので、発送作業もしました。今まで支援してくださった方に向けてお送りし、支援の状況をお伝えします。地道な取り組みがいつか実を結ぶと信じたいです・・・!

f:id:kurd-m-san:20190118201145j:plain

みんなで発送作業をしました

Mさんと一緒にみんなで作業したので、あっという間に終わりました。ご協力頂いた皆さん、ありがとうございました!

f:id:kurd-m-san:20190118210029j:plain

いろいろな本や雑貨に囲まれて、ワークショップや学習支援が行われています。



会場のココシバさんはこの日、とても盛況で、店内でワークショップが行われたり、クルドのお子さんの学習支援をボランティアの方がなさっていたりして、とても自由で和やかな雰囲気でした。

ブックカフェなので、書店ではあまり見掛けない珍しい切り口の本がたくさん並んでいます。おしゃれなカフェで、まだ見ない世界と出会えるのは、とても素敵だと思いました。

f:id:kurd-m-san:20190118210039j:plain

クルドの女性の手芸品。とてもかわいいです。

f:id:kurd-m-san:20190118210235j:plain

新刊「クルド人を知るための55章」山口明彦(編著) 明石書店 早速購入しました!勉強させて頂きます。

地域に根ざしたこういったスペースがあるのは、とてもありがたいと思いました。

f:id:kurd-m-san:20190118210509j:plain

ココシバさん外観。とてもおしゃれです。

 

f:id:kurd-m-san:20190118210435j:plain

昨年好評だった、クルドスウィーツパラダイスのお知らせも!

 

Mさん支援会のミーティング

今日はMさん支援会のミーティングでした。会場は蕨にあるお洒落なブックカフェ、ココシバです。
途中からお店の方もミーティングに加わって下さり、お隣のたこ焼き屋さんからは、たこ焼きの差し入れまで頂いてしまいました。本当にありがとうございます。
今、国会では入管法改正案が十分な審議も尽くさないまま、数の力で強行採決されようとしています。
既に深刻な人権侵害を引き起こしている外国人実習生や入管収容所の問題には目を向けないまま。
それはこれから労働者として日本にやってくる外国人の人権や生活、幸せについても眼中にないことを意味します。
しかし、草の根で難民や外国人と交流する私たちは、単なる労働力としてではなく、友人として外国から来た人たちと暮らしたいのです。Mさんや地域の方々とお話しして、そういう思いを強くした夜でした。

f:id:kurd-m-san:20181208140356j:plain

f:id:kurd-m-san:20181208140423j:plain

f:id:kurd-m-san:20181208140450j:plain

f:id:kurd-m-san:20181208140508j:plain

Mさんは日本語が非常に堪能なので、ミーティングももちろん全て日本語です。
Mさんも、日本に来たばかりのころは日本語が全く分からなかったそうです。
しかし日本人と話していくうちに、会話の流れで意味を推測したり、分からない言葉は小さな辞書で調べたりして、段々覚えていったとのこと。また、日本人と一緒にいる時間が長い人ほど、日本語を覚えるのが早くなる、とも教えてくれました。
Mさんからたくさんの示唆をもらった思いでした。

f:id:kurd-m-san:20181208140527j:plain

f:id:kurd-m-san:20181208140543j:plain

 

毎日新聞夕刊の記事 差別助長の「入管礼賛」 ノー

毎日新聞の夕刊に載った素晴らしい記事。
最近、入管側の主張を一方的に流するバラエティ番組がとても多かったのですが、この記事ではその問題点を非常に良く解説しています。
収容されている人、弁護士、支援者の言葉や抗議のスタンディングなどの動きを掲載。
伝えて欲しいことを余すことなく書いてあり、支援会として本当に嬉しいです。
入管問題や難民問題は市民運動の中でもかなりマイナーなのですが、問題のある番組についてこうして大きく特集をしてもらえるということは、
それだけ深刻な人権侵害が入管によって行われており、その問題が社会に浸透してきたと感じます。

f:id:kurd-m-san:20181026125633j:plain

f:id:kurd-m-san:20181026125647j:plain
(2018年10月23日 毎日新聞 夕刊)

 

【特集ワイド】
差別助長の「入管礼賛」ノー
「外国人摘発」密着番組に非難拡大 背景や制度の不備にこそ目を

毎日新聞2018年10月23日 東京夕刊
https://mainichi.jp/articles/20181023/dde/012/040/005000c