クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

クルドを知る会松澤さんより、イシル・フセインさんの面会と署名提出のご連絡

クルドを知る会代表の松澤さんからの面会報告と署名提出のご連絡を頂きましたので、ご報告いたします。

f:id:kurd-m-san:19800101000051j:plain

6月26日、クルドを知る会代表の松澤さんが、東京入管総務課にイシル・フセインさん解放を求める署名を提出して下さいました

フセインさん親族から電話がありました。日に1回程、収容所の中のフセインさんから奧さんに電話が有るのに、昨日(25日)は連絡が無い。24日(月)の面会時、元気もなく頭を垂れて、弱って話も出来ない様子との事。

支援者としても心配を募らせながら、26日の面会に入りました。
フセインさんは前日(25日)、松沢病院という入管の外部の病院に行き、点滴を受けてきたそうです。
但し、松沢病院は精神科の専門病院であるため、フセインさんは精神科ではなく内科での受診を希望しています。
半日、松沢病院で点滴と血液検査をしました。今日の面会時は顔色に赤みがあり1週間前の時より体に力が入って、少し歩く事が出来たので、点滴の効果だと思っています。
点滴が効いたせいか、今日の面会時には顔色が少し良かったです。
精神科の医師から、内科病院へ入院し治療が必要な状態である、と言われたとのこと。

多くの方にご協力頂いたイシル・フセインさんの解放を求める署名につきましては、東京入管の総務課に提出されました。インターネットによる署名が約1,000筆、手書きの署名が約160筆です。

総務課の職員は、上に報告します、と言って受け取りました。

 

イシル・フセインさんが一日も早く解放されることを、家族、支援者ともに願っています。
署名はフセインさんが解放されるまで、引き続き集めてゆきますので、
どうぞ今後ともご注目お願いいたします。