クルド人難民Mさんを支援する会 ブログ

日本で難民申請をしているクルド人の難民、Mさんを支援する会のブログです。支援の状況をタイムリーにお知らせします。 支援会本サイトはhttp://chechennews.org/msan/です。

展覧会最終日です。たくさんの署名、ありがとうございました!

展覧会15日目はいよいよ最終日です。
外は大雨でしたが、上のフロアで沖縄意見広告集会があるということで、集会に参加される前に立ち寄って下さる方がいらっしゃいました。なかには川口にお住まいという方もいらして、「川口のまわりにはクルド人がたくさんいるよね。彼ら、なんだか楽しくやっているよね!お祭りなんかも衣装を着てやっていたよ!」と話して下さいました。クルドのお祭り「ネブロス」をご存知のようでした。展示を興味深そうにご覧になっていました。地元の方はやはりクルド人のことを見掛けるせいか、関心が高いようでした。

f:id:kurd-m-san:20190615171022j:plain

今日は最終日です

 

f:id:kurd-m-san:20190615171127j:plain

ゆっくりご覧頂いています


支援会のメンバーやクルドを知る会の皆さんにお手伝いいただき、搬出も無事に終了しました。


緊急企画かつ世界難民の日イベントとして、
入管収容問題パネル・写真展「わたしを ここから だして —入管収容所の外国人の現在(いま)—」

と題した今回の展覧会でしたが、非常に多くのお客様にご来場いただきました。500人以上に方にお越し頂いたと思います。毎年、世界難民の日に合わせて展覧会を企画しておりますが、今までにないほど多くのお客様にお越し頂きました。

会期中に2回開催した講演会は、いずれも大盛況で、入管や難民問題についての関心の高さを感じました。それだけ日本に逃れてきた難民が、深刻な状況に陥っているということだと思いました。講演会にご協力頂きました弁護士の皆様、本当にありがとうございました。


そして、会場内でご協力いただいたメメット・チョラクさんの解放を求める署名は合計351筆、イシル・フセインさんの署名は352筆集まりました。
ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
署名はお二人との面会活動を続けていらっしゃるクルドを知る会代表の松澤さんにお渡しし、東京入管に提出して頂く予定です。

これからも私たち支援会は、クルドを知る会や日本クルド文化協会の皆さんと協力しながら、クルド難民の支援を続けていこうと思います。

f:id:kurd-m-san:20190615181809j:plain

今後ともご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします!